あなたから美顔・お肌のハリ・弾力を奪うのは乾燥肌だった!乾燥肌・敏感肌・粉ふき・ニキビ(...
敏感肌・乾燥肌の方専用お試しセット!

顎にきび

顎にきび ニキビ原因と症状

ニキビ原因と症状


ニキビは、皮脂が多く分泌される部位にできやすい。
ニキビは、皮脂を分泌する毛穴が詰まるところから始まる。詰まった毛穴の中に皮脂や角質がたまり、この状態が黒ニキビ(毛穴が開いて中味が見えている状態)または白ニキビ(毛穴が閉じている状態)と呼ばれるものである。

黒ニキビ、白ニキビの状態から赤いニキビを作り出すのは、皮膚の常在菌であるP.acnesと呼ばれる細菌である。この細菌は皮脂を好むため、詰まった毛穴の中で増加し、皮膚の中の炎症を引き起こすタンパク質を刺激する。このため、炎症が起きて赤くなったり、膿がたまって黄色い部分ができるという症状が出る。また、さらに進行すると、毛穴が破れて中味が流れ出し炎症が広がることもある。その場合は皮膚の深い部分を傷つけてしまうため、炎症が治っても痕(瘢痕・あばた)が残る場合が多い。なお、ニキビのできるメカニズムは完全には解明されていない。

チョコレートが原因とする噂があるが、科学的根拠は存在しない。

思春期発生するものはテストステロンの分泌量移行に対する反応であることが多い。ほとんどの人では、その反応は時間がたつにつれて減少する。そして、その結果、20代前半までにはにきびは見えなくなるか、少なくともその数を減じる。しかし、それがいつになるかを明確に予測することはできず、一部の人間では、にきびで30代から40代まで、あるいはそれ以降も苦しむ場合がある。また粉瘤腫というほぼ同じ原因のものが身体のいずれかの場所にできる場合もあり、場所によっては切開することも必要である。

近年、20代から30代の女性を中心に大人のニキビが悩みとなっている。


▽サイトマップ▽

顎にきび ニキビ原因と症状

顎にきび 治療

顎にきび 質問(教えて!)

顎にきび 回答1

顎にきび 回答2

顎にきび 回答3



顎にきび 猫

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。